記事一覧

アントン・スハノフ 初の腕時計 自動車からインスピレーションを得た「レーサー」

2021年6月28日追記:ベースムーブメントの種類と一部用語の修正を行いました

WMOでも何度も取り上げてきた、新進気鋭のロシア人ウォッチメーカー、アントン・スハノフ(Anton Suhanov)。
今まではテーブルクロックの作品を作ってきましたが、初の腕時計となる作品が発表されました!

自動車のメーターパネルからインスピレーションを得た「トリプル」レトログラードウォッチ、レーサー(Racer)です。


マスター・ウォッチメーカー、アントンが「自動車をイメージした時計」というとクロノグラフになりがちだったことに疑問を持ったことからスタートし、「競うためにために時間を測るクロノグラフ」の逆、「ハンドルを握って車を運転しているときに、ドライバーが感じる運転という行為そのものの喜び」を時計として落とし込むことを目指しました。

そのインスピレーションの結果、左がタコメータ(ウブロ時計 メンズ)、右がスピードメータ(速度計)のダッシュボードをそのまま時計のデザインに落とし込むアイディアが生まれました。
タコメータとスピードメーターに加え、その間には各種インジケーターがあり、車の各部のコンディションを伝えます。


タコメータ(左)に相当するのはジャンピング・レトログラード・アワー、1時間に1回、断続的に動いて時間を表示し、12時間で帰零します。
スピードメータ(右)に相当するのはレトログラード・ミニッツ、連続的に動いて分を表示し、60分で帰零し、そのタイミングでジャンピング・レトログラード・アワーが送られます。

その間のインジケーターとして、12時位置にはジャンピンク表示のGMT(24時間表示)とレトログラードの20秒表示インジケーター。
3つのレトログラード針を持つ、「トリプル」レトログラードウォッチです。

6時位置には日常的に使う時計では便利である日付表示があります。
これらはタコメータとスピードメータの時分に比べると控えめであり、この時計がテーマを明確にしています。

「1時間に1度、1日に数回しか時計を見ないこともあれば、重要な事案を忘れることを忘れないように常に時計を見ていることもあるでしょう、このダイナミクスとゆったりとした時間の組み合わせが私のレシピです。私の時計では時を異なる方法で感じることができます。ある時はレースのように秒を競う瞬間、またある時はのんびりとしたドライブで窓辺に移る景色の変化を楽しんでいる時、世界はあなたの車の窓を通り過ぎます…」



後述するように、信頼性に優れた汎用ベースムーブメント(ETA2824‐2)+レトログラードコンプリケーションプレートという構成のため、ムーブメント側から見えるのはチューニングされているとはいえ汎用ベースムーブメントです。
そのため、こちらの面は自動巻きの「フルディスク」ローターで覆ってしまい、この回転を楽しむ構造です。

「フルディスク」ローターは一見すると回転しないように見えますが、裏面の錘によって重心は偏心しているのでちゃんと回転します。


【関連記事】:ベーシックかつ上品なデザインで、世界中のハイクラスな女性達を魅了し続けるCELINE(セリーヌ)

コメント一覧

ankopi安値 (100%実物写真) URL 2021年11月11日(木)14時43分 編集・削除

個人売買サイト新作が安値で出品されることや、100%実物写真保証!「品質安心保証」客様に安心してお買い物。安全と安心を大切に、より良い品質を追求します!