記事一覧

今回は開発者の川内谷さんにまで話を聞いた後なので

「推測」記事としてそのコンスタントフォース・トゥールビヨンを読み解きました。
その後、開発者インタビューにて、「何も言うことは無かったです(笑)。」というお言葉を頂くことはできましたが、ちょっと気になる点などがあったのも事実です。
良い機会なので図版をKodoに置き換え、各部をグランドセイコーの資料に合わせたうえで、「リマスター」して説明を試みようと思います。
前回はプレスリリースの資料と動画から私が勝手に読み解いたので「推測」としていましたが、今回は開発者の川内谷さんにまで話を聞いた後なので、「理解」するとしました。

CHOPARD(ショパール)
L.U.C フル ストライク ディア デ ロス ムエルトス


「ショパール社が技術力の粋を集めて開発した、ミニッツリピーターの特別なモデル。毎年同社はメキシコの『死者の日』にちなんだ時計を製作するのだが、2021年はこのユニークピースを発表した。文字盤に描かれた青い髑髏には、花模様が描かれていて、右目の周りにリピーターのハンマーがある。そして左目がパワーリザーブ・インジケーターになっている。18Kエシカルホワイトゴールドのケースに、ブルーサファイアをセットした、美しい時計だ」。手巻き。径42.5mm。18KエシカルWGケース。アリゲーターストラップ。世界限定1本。価格は要問い合わせ。(ショパール ジャパン プレス)

CHRISTIAAN van der KLAAUW(クリスティアン・ファン・デル・クラウー)
CVDKプラネタリウム アイゼ・アイジンガ


「オランダの天文腕時計の巨匠の最新作にして、2021年度のジュネーブ・ウォッチ・グランプリのカレンダー&アストロノミー賞受賞作となった、プラネタリウム腕時計。文字盤の下部に太陽系惑星図が配置され、太陽を中心とした惑星の動きが読み取れるという素晴らしいシステムだ。直径30数mmのムーブメントでその動きを表現するのもすごい技術だが、腕の上に天文台をのせているような感覚になるのが素敵だ」。径40mm。自動巻き。18KPGケース。レザーストラップ。5万9950スイスフラン(クリスティアン・ファン・デル・クラウー)

MORITZ GROSSMANN(モリッツ・グロスマン)
ベヌー・トレンブラージュ


「トレンブラージュというのは、エングレービングの一つの技法で、ジャーマンシルバー製の文字盤の表面を、ビュランと呼ばれる刃物を小刻みに動かし、表情豊かに模様付けするテクニックらしい。なお、トレンブラージュはフランス語の『震える』という言葉から来ているもので、なるほど言い得て妙ではないだろうか。シックなこの文字盤に僕は惚れ込んだ」。手巻き。径41mm。18KRGケース。アリゲーターストラップ。2022年春以降の発売予定。682万円(モリッツ・グロスマン ブティック)

8振動の通常の脱進音に加え、1秒に1回の鋭いコンスタントフォース脱進音が加わり、「16ビート」のようなリズムを刻んでいます。
これによりトゥールビヨンキャリッジに供給されるトルクが一定になる(≒コンスタントフォース)ため、上流凛冽のトルク変動に影響されないトルク一定条件での脱進動作が可能になります。
コンスタントフォース脱進機構と通常のトゥールビヨンを同軸配置した同軸構成のコンスタントフォース・トゥールビヨンです、仕組みを見ていきましょう。

コメント一覧

topkopi優良サイト URL 2022年05月13日(金)10時17分 編集・削除

超スーパーコピーブランド 偽物優等品流行新作続出 厳密な品質検査による品質保証。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー