コンテンツ

リンク集

  • お知り合い
  • 現行バンド
  • 調べもの

過去ログ

記事一覧

voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4 MC つづき

ファイル 1995-1.jpg
ファイル 1995-2.jpg
ファイル 1995-3.jpg
ファイル 1995-4.jpg
ファイル 1995-5.jpg

撮ったまま、リサイズのみ。

ヘンなレンズではある。現代のレンズだがMFで、解放ではカリカリさがない。だけども一番の魅力はその解放でのふんわりとした描写。夜のレンズとの異名もあるが、夜景向きでもない(個人の見解です)。ただ、はまった時の描写はたまらなく好きだ。lightroomでいじるとよさが死ぬ。せいぜいが露出や傾きの調整くらいしかやることがない。

FA43mmよりさらにゆるい。家族のイベントなど外せない時はFA43mm、個人的な趣味写真ならnokton classic 40mmでもいい。フルサイズ対応のF1.4の大口径レンズだがかなり小さい。小さいが、ギミック付きのマウントアダプタとセットだと重さはある。カリカリばかりの写真だと疲れちゃうので使うと楽しい。つってもこのレンズも絞ればカリっとしますけどね。

東京広角

ファイル 1994-1.jpg
ファイル 1994-2.jpg
ファイル 1994-3.jpg
ファイル 1994-4.jpg
ファイル 1994-5.jpg

東京駅近辺で写真を撮ってきましたよ。今回はえらい広角ですね。こんなレンズ持ってたっけ。その件についてはまた白状しますわ。

lrで現像、今回はリサイズしてません。

夜スナの続き

ファイル 1993-1.jpg
ファイル 1993-2.jpg
ファイル 1993-3.jpg
ファイル 1993-4.jpg
ファイル 1993-5.jpg

公園は全体的に暗いのにポッカリとサレオツな東屋があったり歩道橋やブロック塀一つとっても足立区ではありえないステキさ加減。ブロック塀はメキシコ大使館のだったと思う。

あんまり紅葉してなかった千葉

ファイル 1992-1.jpg
ファイル 1992-2.jpg
ファイル 1992-3.jpg
ファイル 1992-4.jpg

先日の千葉の写真のつづき。葉っぱのオレンジ成分がまだ少なくて絵作りが難しい(^^;

lightroomどうよ

ファイル 1991-1.jpg
ファイル 1991-2.jpg
ファイル 1991-3.jpg

lightroomいいね。ちょっとしたWBや露出の微調整ならK-1のカメラ内現像で十分だし手っ取り早い。だけど先日の逆光ネコ写真みたいな明暗差が強いシーンや夜景を派手に仕上げたい時にはカメラ内現像では限界がある。というわけで先日のネコ写真をlightroomで現像したものが一番上。不自然になる手前ギリギリまで持ち上げてる。特定の範囲を指定して調整するとか、カメラ本体のみのUIでやるのは限界あるわな。

下2枚は同じ写真。魚眼ズームで撮ったんだけど、lightroomだと歪みの補正をしてくれる。まだ曲線の感じは残ってるけど、魚眼レンズを簡易広角レンズとして使えそう。周辺はいくぶん失われてますけどね。

先日の夜景&夜スナップの日に、三脚前提の設定(iso200、F14、2秒タイマー)と手持ち撮影の設定(isoオート(上限12800)、F値最小、タイマーなし手ぶれ補正あり)の切り替えをマニュアルで何度もやって往生した。冷静に考えてその二つをユーザー設定に登録すればよかったのでした。ていうか今後のために先ほど設定しました。ユーザー設定枠が5個もあるので助かります。

やりすぎ現像

ファイル 1990-1.jpg
ファイル 1990-2.jpg
ファイル 1990-3.jpg
ファイル 1990-4.jpg
ファイル 1990-5.jpg

この程度でやりすぎと思っちゃうほどのヘタレボーイオメガれすこんばんは先日の都心部ビル他の続きでした。

ワンヒットでフィニッシュでございます〜

ファイル 1989-1.jpg
ファイル 1989-2.jpg

左にヘラ師、右にネコ。ウ2氏と釣りに行ってきましたよ。

亀山も三島も未だ台風の影響が残り濁りもゴミも多め。オメガが三島でスピナベで1ヒットしつつバラした以外は何もなし。ヘラ様は釣りまくってたのでいい日なのかと思えたが最後に話したヘラ様にヘラは放流があったばかりだと教えてもらった。

写真はmac内のプレビューで雑に補正。さすがに疲れてlrをやる気力がない(^^;

lightroom

ファイル 1988-1.jpg
ファイル 1988-2.jpg
ファイル 1988-3.jpg

どうにかlightroomを導入しましたよっと。ただの倉庫となっていたMac mini内のHDDのOSを最新のに更新し、そちらで起動してlightroomをインスコ。つまりlightroomを使う時は内蔵HDDで起動しなければなりません。メンドクサ。

昨日の月タワー写真はK-1カメラ内現像だったけど、lightroomでやるともっと色々と拾えた(ミスって別の写真を現像しちゃってるけど)。後でlightroomで拾えるかと思ってアンダー気味に振って撮ってたんだけど、冷静に考えれば3枚撮るHDRでやればよかったかな。月が動いちゃうか。

K-1を買ってすぐくらいにビルを適当に撮って、三脚使えばどこまでいけるのか気になってたのでビルも撮った。さすがにいかつい。三脚を外に持ち出して使うのは初だけど自分が使う分には全く問題なかった。カメラを固定したまま首根っこ近くを片手で持って歩いて移動してても比較的楽でナイス。

月とタワー

ファイル 1987-1.jpg

月は明るすぎるわタワーは暗すぎるわで往生しますわ。

弾いてるよ

ファイル 1986-1.jpg

リペアから戻って以後、ほぼ毎日弾いてる。THR10Xに直か、チャイナエフェクツ+es-5系統のどちらかに気分次第でつないで。戻ってすぐにチューニングして以後、どんだけアームをグリグリしてもチューニングが狂わない。ロック式トレモロは偉大だわ。

弦はelixirを張ってくれたっぽい。自分がこんだけ弾いても錆びないってことは、少なくともダダリオではないってことだ。elixirは最近知ったんだけど、高いのにもう他の弦には戻れない。だって全然錆びないんだもの。メッキされてる金属でさえ錆びさせるオメガの手汗を耐えてくれる奇跡の弦。むしろブリッジがまたいつか死ぬんではないかと思うと怖いわ。