コンテンツ

リンク集

  • お知り合い
  • 現行バンド
  • 調べもの

過去ログ

記事一覧

冬荒川

ファイル 1885-1.jpg

もうね、先週なんか日曜日も仕事ですよ。そんで代休だったはずの水曜日も翌日の納品に間に合わないからって外神田にPCを買いに行ったりで結局休みにならず、やっとの休日。晴れで風も少ないので夕方に荒川へ。いつもの葛西お散歩ルート。

ここ最近は重めに踏んでばかりで足はモリモリしていいんだけど数日後に突然膝が痛みだしたりで負荷がやや強めの模様。だので今日はマッタリ走行を心がける。のでウエアもあったか仕様としてcastelliの冬アウター + UACGの最強セットで。往路はまだ日射しもあり、下半身は寒いものの上半身は十分に暖かかった。しかし道中で写真を撮ったりして無駄に時間を使ったため帰りはかなり日が落ちて寒くなる。上半身も辛くなってきたので仕方なく運動負荷を挙げて体温を稼ぐ。

日曜日だというのに夏に比べてロード乗りが随分少ない。今日くらい色々と穏やかだと冬でも走ってて気持ちいい。でももう少し昼の時間帯に走るべきだな。

RX100M3

ファイル 1884-1.jpg
ファイル 1884-2.jpg
ファイル 1884-3.jpg

少し前ですがRX100M3を手に入れましたよ。仕事がクソ忙しくあまり使う機会がなかったけど今日は荒川走行のついでに適当に撮影。

雑に言ってしまえばNEX-6と16-50の標準レンズのキットを小さくした感じ。後発だけあってUIはよく練られてて、やたら細かくカスタマイズできるのがよろしい。NEX-6と違いMモード以外でも2ダイヤル使えるし、ISOオートの上限も設定できるしと不満点が細かく改善されている。

強いて難点を挙げれば、グッチ靴スーパーコピー小型ゆえのグリップのなさやシャッターボタンの押しにくさくらいか。そこらへんは小ささとのトレードオフだし使い込めば慣れてくるかも。

画質についてはNEX-6のキットレンズ時と同等かそれ以上に思える。レンズは明るいので屋内ではアドバンテージ高め。ただRX100シリーズ独特の青っぽい色味は好みの分かれるところ。今の所は好き嫌い以前に違和感があるね。

ともあれ今後は「何か撮るかも」とNEX-6に16-50を持ち出すような場面は全てRX100M3が取って代わることになりそう。

firehawk fx

ファイル 1883-1.jpg

足立の炭水ボーイっちゃ俺のことよオメガれすこんばんは骨も肉も炭水化物ぜ?

結局firehawk fxを買っちゃった。購入前にvariaxとの連携がどれほどか気になって検索かけたけどロクな情報がなく、直にマニュアルを落としたら納得できた。エフェクトパッチをセーブすると、その時のvariaxのモデリング(ピックアップ位置含む)も同時に保存されるのでスイッチ一つでギターとエフェクトとアンプ全てが変更できる。

M5(エフェクト同時使用1個のマルチ)に入ってるエフェクターは全部入ってると思ったらそんなことはなかった。いくつかのフランジャーやよく使ってたコンプ等がなくてガック死。

細かいパラメタ設定などはiPhoneの専用アプリ(bluetooth接続)でリアルタイムにいじれるしペダルに特定のパラメタを割り振るなどできる。そこまでできるのにLFOの一つもないのは何でだ? オートワウ(ピッキングに反応するんではなくてペダルがずっと一定の波長で揺れてるタイプ)が欲しいんだよ俺は。

アンプの種類は多く、ギターモデリングと歪みペダルの組み合わせで音のキャラクターはかなり多彩にいける。variaxのモデリングはreason内のKuassa系アンプで鳴らすとちょっとクセが出るというか、特定の音域がモッコリしちゃう感じなんだけど、firehawk fxでは不自然さは感じず。

他、midiがないからM5と連携できんなとか、bluetooth経由で音を出せるのでiPhoneでしか見られない動画なんかの音をモニタースピーカで出せたりとか、USB経由でreasonに直レコーディングできたりとか、variax付属の専用ケーブル(実質LANケーブル)が硬くて長くて使いにくいなとか、ワウペダルの後にファズを置くとバッファの処理がないので音的に使えないしその救済もないし好き嫌いは別としてファズの後にワウ置けないよなとか、音はいいし便利なんだけどかゆいところに手が届かない微妙さ加減が気になるアイテムでございます。

さよならsmart

ファイル 1875-1.jpg

smartとお別れしました。

理由は単純で、15年10万kmでいくつか問題が出てきつつ、型式も古いのでスペアのパーツも不足気味の高騰気味。今までは車検がちょっと高いだけの楽しい車だったけど、ついに一般的な維持費の高い外車になってしまった。その維持費を払って乗り続けるのは自分には贅沢かなと。

ちなみに乗ってたsmartはお世話になってたとこに一旦引き取ってもらい、状態を見た上で中古買い取りか、価格が付かなければ廃車になる予定。

12年間ありがとう。これ以上ユニークな車には二度と出会えないのではなかろうか。

smart

smartを手放すかあと2年は乗るか、悩んでいる。

ギター環境悩む

昨年末のエフェクター祭り以後、ずーっとギターを弾くクセが付いて毎日のように弾いてる。未だに固定のセッティングというのは出ず、毎回細かくエフェクターをいじっては音を追求している。

そろそろ環境を改めたい。候補は二つ、スイッチャのES-5かマルチのfirehawk fxか。

ES-5のメリットとして、今あるエフェクターを最大限利用できる、特にM5が爆裂に便利に。比較的省スペース。今後さらにユニークなエフェクターを追加しても容易に組み込めて沼を深められる。

ES-5のデメリットとして、相変わらずアンプシミュレータは統合できず。大量のケーブルが必要。M5のエフェクト1つ制限は変わらず。

firehawk fxのメリットとして、普段弾くのにreasonなしの単体で完結できそう。variaxギターに給電しつつパッチの切り替え時にギターのモデルや設定も同時に切り替えられる(variaxのバッテリはよく減るし充電がめんどくさい)。外部エフェクト用のセンドリターンもあるので手持ちのエフェクターも引き続き使える。M5にあるエフェクトをいくつも同時に使える。アンプシミュレータのモデルも多数あり。USBオーディオインターフェースとしても使えるのでreasonに録音するのも楽。

firehawk fxのデメリットとして、でかい。外部エフェクトを使えるとしても自分で踏み分けしない限り基本1ループ分に限られる。沼の深さに限界が見えてしまいそう。

こうして整理するとfirehawk fxのメリットが大きいね。ぶっちゃけvariaxはバッテリのめんどくさい問題のために最近はモデリングは全然使ってない。だったら普通のレスポールにしとけよってくらい、マグネティックでしか弾いてない。でもfirehawk fxは巨大で置く床面積がない(^^;

フォグ感

ファイル 1869-1.jpg

目で見えてるフォグ感を写すのが難しかったりする。
nex 6
biogon 2.8/28

iPhone7

ファイル 1868-1.jpg

機種変更しました。iPhone7の128GBマットブラック。お知り合いの人たちは6の時は飛びついたのに7はスルーばかりなので知り合いの範囲内では一番乗りかも。5Cから2年ちょい。5Cは都民の森ヒルクライムで雨に降られてから微妙に具合が悪かった。

ホームボタンが指紋認証になったのがまだ慣れず。ホーム→右にスワイプの期間が長過ぎたのね。大きくなったので違和感が若干あるけど、文字が細かくて見辛かったアプリは見やすくなったし、未だにqwertyでローマ字入力おじさんなのでキーピッチが広くなって文字入力も快適に。

ヘッドフォンアウトがなくなったので、車の運転中に電話がかかってきてハンズフリーするのがちょっと困る(車内に古いiPhone用イヤフォン(マイク付き)を常備してハンズフリーにしてたので)。

最大の利点はロードに乗る時にジップロック的な袋に入れずに済むようになったことね。あれは不便すぎた。

それでも荒川

ファイル 1867-1.png

蔵王ヒルクライムで自転車遊びも一区切り付いた感じで、少し自転車熱は下がった。でも今日、レーザー当番を終えて時間が余ると荒川を走らずにはおれんかった。珍しく無風の荒川で30km/h巡行でモリモリ進む。気持ちよすぎる。ヒルクライム用にトレーニングしてきたがむしろ平坦巡行が強まった感じ。

河口近くに出た辺りの風景が抜群だった。夕日と重機が煙を巻き上げる光景が刺さりまくった。iPhoneで写真を撮る。やはりお手軽高画質カメラが欲しくなるね。

都民の森ヒルクライム以後、モリモリ回しまくった。ローラー台含め5日以上乗ってなくても(つまり筋肉痛は確実に終わってても)歩くと違和感が出るくらい、足に筋肉が付いた(さすがに最近はそんなに違和感はない)。ここで寒いだ飽きただで乗らなくなるとせっかく鍛えた心肺と付けた筋肉がもったいない気がして仕方ない。