コンテンツ

リンク集

  • お知り合い
  • 現行バンド
  • 調べもの

過去ログ

記事一覧

シカゴツアー4

ファイル 1935-1.jpg
ファイル 1935-2.jpg

写真はミッドウェイ空港の巡回バスです。今回撮った写真の中でベストの写真。オシリがかわいすぎるのです。それでは日記を一気に5日分どぞ〜。

5/15
9-18時で仕事だよバカヤロウ。メシ食ってる時間だけが休憩だよバカヤロウ。ディナーにリブ食ってホテルに戻って気づいたら寝てたわ。

5/16
しかもそのきつかった翌日に7時に出社しろとかアホかと(客が仕事前に我々の機械を見たいというので仕方ない)。朝食にバナナ一本だけ食べて仕事。しかし提携先のテキパキさもあって昼には一息つける状態。でも空腹を訴えているのは自分ひとりなのでコンベンションセンターのレストランエリアに一人で向かう。そこに知り合いの日本から来ている他社の人たちが偶然いたので一緒に食事。いろいろと聞かれたので軽く情報を入れつつ先方の動向を探る。

午後は細かい仕事を片付けつつ過ごす。その過程で提携先に昼の人たちのことを話すと興味ある感じだったので双方を引き合わせる。どちらにもメリットありげで自分にはあまりない。リターンくれよ。夕方に仕事を終えディナー、ホテルに戻る。

5/17-19
コンベンションセンターにて展示会。昼は展示会、夜は初日パーティー、二日めは社長とchick-fil-Aを買ってきてホテルでメシ、最終日は撤収後に適当なメキシカンに入って食事。メキシカンの店員(若い白人女性)が愛想よくて可愛かったのでiphoneのリアルタイム画像翻訳アプリを見せると受けた。つかこのアプリはこちらでのちょいネタとして最高。

3日のうち2回、イタリア人のブースでエスプレッソをたかる。搬入日にうちの機械を見に来た彼らが社交辞令なのか来たらコーヒーやるよと言ってたので押しかけたのだ。初回は先方の強気な営業部長だったので何しに来たみたいな顔されたけど、約束しただろと押し通していただく。二回めは先方のプログラマでシンパシーを感じるのか、フレンドリーな感じだった。プログラマとは仲良くおしゃべり。

3日めの昼、もうスタバのピッツァも飽きたなと、会場の売店の近くで食ってる人たちのテーブルを見ると日本から来てる他社の人たちを発見。近づいて「何かうまいもんあります?」と聞くと「これ、昨日の夜の持ち帰りを食べてるんですわ。多すぎて食い切れんのでよろしかったらどうですか」とお誘いいただく。社長同士が仲悪いので提携など一切ない会社さんなんだが、こんなところで肩を並べて食事するとはなあ。末端同士はあんまり関係ないもんな。

シカゴツアー3

ファイル 1934-1.jpg
ファイル 1934-2.jpg
ファイル 1934-3.jpg
ファイル 1934-4.jpg
ファイル 1934-5.jpg

今回k-1を持参したわけだが、レンズは28-105と43だけを持っていき、結局のところ43は1回も使わなかった。43のしっとり感が欲しい光景がなく、基本全てパリっとカリっと撮れればokだった。つわけでこの日訪れた公園の写真です。んでは日記をどぞ〜。

5/14
時差ボケは軽かったと思ってたが昨夜はあまり眠れなかった。最初の夜は単純に寝不足と疲労で寝れただけか?

昨日で仕事を片付けた分で日曜日に無理に仕事する必要がなくなった。一方で靴の匂いがやばくなってきた(子猫くらいなら殺せるくらいえぐい)。予備の靴と靴下を買いに行こう。前日に教わったモールに行きたいがオープンが11時と遅い。それまでモール近くの湖で時間をつぶす。釣り人と自転車に乗る人の天国みたいな場所だが、自分のそれらは東京にしか置いてないので写真を撮って遊ぶ。

11時モールへ。何でも北米で3番目に巨大らしい。とてもではないが全部を見て回る余裕はない。靴メインで探しまわり、skechersで購入。

tacobellもいいがChick-fil-Aを食いたい。探して行くがまさかの日曜が休業日。他の店舗を調べるもすべて日曜は休み。マジか。昼飯はtacobellへ。

16時半にレンタカーを借りた場所に返しつつ現地の別のパートナーと合流の予定。少し早いが移動開始。ガソリンを満タンにして返却しなければならないがガソリンスタンド(基本セルフしかない)でクレカで給油しようとするとzip code寄こせと。日本のカードだから桁合わんやろ。2度手間だけど事務所と往復で対応。

車を返却し人を待つ。しばらくして車に忘れ物をしていたのを思い出す。車を返した場所に行くがもう車は見当たらず、近くにいたおっちゃんに尋ねると受付カウンターに行けと言われる。受付カウンターのおねえちゃんに話しかけると途中で一昨日の言葉の通じないアジア人の顔を思い出してもらえた様子。ルームミラーにiphoneホルダーを挟んだままになってるから探してほしいと伝える。かなり待たされたが見つかったらしく別の係りの人が持ってきてくれた。助かった。

さらに待って人と合流。今度はその人が車を借りる。本来ならここでウチの社長とも合流の予定なのだが、社長が乗り継ぎに間に合わないトラブルが発生して合流できず。自分と現地の人と二人で一旦ホテルを目指す。彼はつい先日に来日していて(自分が熱を出してブッ倒れてた時ね)日本のゴミの少なさ、女の子のかわいさに驚きつつ、ANAの機内食の穴の空いた丸いのが超絶にうまくて、あれの正体を教えろというので画像検索で確認したらレンコンだった。

ホテルの近くでイベントの会場を下見。その次にイタリアンをごちそうになる。うまかったが無理して全部食ったので辛い。ホテルにインし胃薬入れつつネット巡回してたら眠気max。現地の人が往復して社長を連れてくる予定だが社長が来るまで起きてられん。寝るとlineに流して22時就寝。

シカゴツアー2

日本のお客さんのサポートとアメリカに残してきた社長のサポートとで24h労働のオメガれすこんばんは時差ぼけもあって1〜4hくらいの睡眠を小分けにしてる状態ですそれでは2日めどぞ〜。

5/13
スーパーコピー靴N級品夜中1時頃に目覚めるので起きてしばし活動するも2hでやめて無理やりベッドへ。そしたら7時半の目覚ましまでグッスリ寝てしまった。ホテルの朝食をいただく。思ってたよりうまい。そいやこのホテル、コーヒーは濃いめだしシャワーのお湯はしっかり出るしエアコンも調整しやすいし静かで変な匂いもせず、いいホテルね。

9時に現地パートナーの場所へ行く予定が少し遅れた。社長経由でまだ来ないのかとクレームが。すいません。ちなみに前日もかなり遅くまで待っててくれたらしい(えー、でも正面と横のドアは完全に閉まってたやんか。ともあれすいません)。

以後は仕事の内容なので詳しくは書きませんがざっとで言うと大変な作業の連続だったけど現地の人の優秀さにも助けられ無事解決。夕方に現地パートナーと早めのディナーへ。パートナー夫妻は趣味のハーレーに2ケツ状態で、後を付いてこいという。ちょっとした距離を走ったがパートナーのハンドサインが完璧で付いて行くのは楽だった。パートナー夫妻とステーキを食らう。翌日の予定が空いたので買い物に行くと言うとショッピングモールを教えてくれた。助かるわー。

食後に分かれて自分はホテルに戻る。仕事の3つの山の一つをほぼ満点でクリアできたので気が楽。ていうか最初の山を越えないと残りの挑戦権がほぼ消えるという恐ろしい山だっただけにプレッシャーも半端なかった。7-11で買ったコカコーラバニラとドリトスをいただく。フロアのエレベータの横に無料の氷マシンがあるので利用するが、ボタンを一回押すだけでバカみたいな量の氷が雪崩れ出てくるので毎回コップに入りきらず床に氷がばら撒かれる。this is america。

シカゴツアー1

すいません仕事でシカゴに行ってました。スケジュールがタイト、自分が自由にレンタカーを乗り回せるのが最初の2日のみといった条件もあり自由な時間はあまりなく、そういった視点ではつまらないですがホテルで暇な時間にログを書いてたのでそれを数日に分けて貼っていきます。んではどぞ〜。

5/12
久々の北米ツアー。1710シカゴ行きのANA。エコノミーは相変わらずの地獄だが横が静かなアジア系おばちゃん*2だったのでその点は恵まれた。btのノイズキャンセルイヤホンも今回のために新調したipadもいい感じ。珍しく多めに寝れた(何回かに分けてだが)。しかし最初の食事の消化が悪くさらに揺れで酔ってしまい二度めの食事はキャンセル。かなり辛い状態で到着。

入国審査の列の消化が遅い。やっとで自分の番かってとこで担当のおっさんが「待っとけよ」とジェスチャーして席を離れる。かなり待たされてやっと戻ってくる。クソが。

社長が空港にあるレンタカーを予約してくれている。念のためレンタカー事務所の住所をマップで確認すると空港から少し離れてる。そういうものなのかと思って眠い頭でタクシーに乗る。タクシー内でさらにマップを調べると行き先は別の空港だ。つまりシカゴの別の空港のレンタカーを手配しやがったのだ。距離はそれほどでもないが渋滞がひどいし飛行機の酔いが治ってないので車も辛い。運転手は自分が日本人だと知ると「キックボクサーのノキを知ってるか」と聞いてくる。知らんと答えると「大きくて、顔が長くて」と説明するので猪木のことだった。目的地に着くも尿意が限界で慌ててたので雑に大目のチップを払ってしまった(1hくらい乗って100ダラ)。

レンタカー、出口担当の黒人のおねえちゃんに助けを求めると付いて来いと。英語の聞き取りの弱い自分が面白いのか、親切に連れて回ってくれた。最後に握手してお別れ。車は日産のセダン。いいね。

目的地の現地パートナー会社に行くもドアが開いてない。待ってるはずなんだけど、遅すぎて帰っちゃったかな(1840)。続いてまた社長が予約したホテルに移動。チェックインするも書類に2人となってるのを発見。今回は自分一人が先行してインしてるので泊まりも一人のはず。受付にそう伝えてシングルの部屋に変更してもらう。飛行機で寝れたのと運転時にかなり日光を浴びたのが効いてるのか、思ってたより時差ボケが少ない。タコベルを地図で検索したら3分の距離。迷わず駆け込みお持ち帰り。何年ぶりのタコベルか。うまし。

腰痛と糖質

ちょっとした坂で苦しんだり無酸素域までスプリントで追い込んだりするとすぐに腰が痛くなる。繰り返してたら強くなるのか、ダメージが蓄積して悪くなるのか、分からん。

自転車に乗らん日でも低血糖状態に対してナーバスになってしまう。今日も午後からの仕事中にコーラ500ml、帰宅して風呂上がりに糖11gの炭酸飲料500ml、そしてこの後アイスを食らう予定。それ以外にも普通にメシ食ってスナック菓子1袋空けてる。こんなに糖と炭水化物ばかり摂取してて大丈夫なのか、分からん。

自転車が健康にいいのか、いささか疑問。

ハラヘリ

ファイル 1929-1.jpg

朝起きたら足がパンパン。どこにも行く気がしない。ステラマッカートニーバッグスーパーコピーゴロゴロダラダラしつつ、昨夜はサニーダイナーを食ったのに腹が減りまくり。夕方に近所のお気に入りの洋食屋へ。ていうかここ以外だと近所にロクなメシ処がないので困る。近所は絶望的なのでもっと範囲を広げて開拓せんとの。

ロング後は充電がたくさん。カメラ2つ、garmin本体、心拍計、ライト類、全てUSBでの充電。

写真は昨日の昼食のはまぐりらーめん。いいお値段してましたが納得のウマさでございました。

再び南房

ファイル 1928-1.png
ファイル 1928-2.jpg
ファイル 1928-3.jpg
ファイル 1928-4.jpg
ファイル 1928-5.jpg

0450アラームで目を覚ますがアラームが鳴る理由が分からない。連休中だし仕事もないし、間違って設定してたんだな、二度寝しよ、うん、本当に用事なかったっけ、えーっと、そうか、自転車に乗る日だ。寝ぼけ過ぎ。

400kcalほどの豆のパンを食べて出発。車が出たのが0615で前回(2年前のGW)に比べ1h弱早い。おかげで渋滞も少なめかつ今回の起点は高速を降りてすぐの場所(道の駅富楽里)なので前回より2hほど早くツーリング開始0823。

今回も南房の西側を起点に時計回りのルート(前回と違い、一周で100kmを超えるルート設定)。前回と違い自転車乗りが多く、ソロ・グループ問わず頻繁にすれ違う。この序盤の内陸ルートはアップダウンがそこそこある。最近のパワートレーニングの成果などなく、相変わらず斜度が上がるとローギアで心肺アップアップ。20kmちょいで太平洋側に出る。ここで即コンビニにインの予定が見当たらない。しばらく走って鴨川オーシャンパークで補給食を入れる。ここまで30km。さらに6km進んでコンビニ。ゼリーを入れる。

走り続けると昼前。そろそろ食事をと思うが先に入れた補給食400kcalが重くて食欲がわかない。胃薬を入れて走るといい感じにハラが減ってきた。房州らーめんにインしはまぐりらーめんを食す。超うまい。汗をかいた身体に塩系のスープがしみて汁まで全ていただく。

らーめん後、気持ちいい海沿いの道をダラダラと走り続けてたらさすがに疲れてきた。コンビニを見つけ次第インしようと思うがコンビニがない。前回来たときはもう少しなかったっけか? やっと見つけてインしたららーめんから33km走ってた。ファミマだったのでフェイバリットのクリームたい焼きカスタードを食す。うまい。

残り20kmくらいなので走り切ってしまおう。とある信号で待ち中、後を振り向くと青いロードの人が。この人、ずっと自分と抜きつ抜かれつしてた。青の人が絶景を撮影中にオメガが抜かし、オメガが廃墟のガソリンスタンドを撮影中に青の人が抜かす感じ。その都度軽く会釈をするので妙に親近感がわくが、あえて言葉を交わすことはせず。ずっと海沿いを走ってきたが、最後だけトンネル回避で内陸側を走るルートを設定してあり、そこで曲がったところで青の人とはお別れ。

ラストの内陸ルートも軽いアップダウンの連続。100km走ってきた後の坂はちょっと辛い。足は疲労で重いが回せなくはない。最大10%の勾配含めギアを数枚残して走り切れた。1500前、道の駅に帰着。混雑する道の駅でつみれ汁とイワシバーグをいただく。これまた沁みる。土産も買って帰路へ。帰りは去年と違いガッツリと渋滞を食らうが3hで帰ってこれた。晩飯を買いに出るのも億劫なのでサニーダイナーを出前し空腹にトドメを刺す。

というわけで111.94km6h34mの旅でした。消費カロリーは1896kcalで比較的低燃費でした。garminのログを見ると最大パワーが1376w、最大ケイデンスが253rpmとどえらいスコア。明日からプロになれますわ。つかこれセンサーおかしいな。道中は全く問題なく、ほんの一瞬のみスパークしてるので全体には影響なさげ。

2年前とは随分と違った。garminにパワーメーター、rx100m3とfdr-x3000でスチルも動画もカバー。補給食も多すぎず必要十分な量を持ってきた。散々走ってきて準備が熟れてきた感じ。ルートも事前にルートラボで綿密に作成しgarminに入れてナビさせた。ルート上のお食事処も事前にgoogle mapでいくつかチェックしよさげなところは★を付けておいた。胃薬含め、様々な準備が旅を楽にした。つっても最後はヘロヘロだったけど。2年前と違い、直前までの走り込みが今回は足らんかったかもな。

前回あまり魅力に感じなかった南西エリアが今回すごくよかった。特定のエリアだけ、道路の海側にハイソな戸建てがポツポツとあり、ステキ感が満載だった。4枚めの写真はそのエリアで撮ったもので、他のエリアよりさらに海が青くて奇麗に見えた。google mapに出てきてないよさげなお食事処がいくつかあり、補給食など食わずお食事処をハシゴするのもいいかと思ったり。

ウエアは、上はUAのヒートギアの上に半袖のサイクルジャージ、下はロングタイツにカペルミュールの短パン。序盤の走り出し以外はずっと暑く感じててちょっと失敗したかも。

楽しかった。気持ちよかった。また走りたい。もっと寄り道するなり食うところを開拓したい。また行こ。

ファイル 1927-1.png
ファイル 1927-2.jpg
ファイル 1927-3.jpg
ファイル 1927-4.jpg
ファイル 1927-5.jpg

夕方から出かけるつもりが雨が近いのでヒキコモリに変更。そしたら雷光が見えたのでk-1を用意して撮影を試みる。途中で雨雲が移動して追い切れてなかったり画角の調整にとまどったりインターバル撮影の息継ぎの間にいい感じの雷が落ちちゃったりで失敗感多めだけど4枚は撮れた。縦長のは3枚めのを等倍切り出し。

過去にQやNEX6でもやったけど段違いでやりやすい。ホワイトバランスも比較的マシだし(まだちょっと紫寄りだね)。マニュアル撮影で、シャッターを4-6秒、絞りは-2evになる程度に設定。そしてインターバル撮影。撮影開始時は雨が降ってなかったけど終わり頃にポツポツと雨が。しかしその程度の雨ならあまり気にしないでいいのも心強い。