記事一覧

反ってもた

さてベースをざっくりと練習するためにまずは弦の張り替えからやるかとベースを取り出すと思いのほかベース弦の状態がきれい。このままでも使えちゃいそう。そう思いつつreason立ち上げてベースアンプシミュレータつないで弾いてみたら妙に弦高がある。アカン、ネックが順反りしてる。ずっとヘッドだけ支えて吊るす感じで置いてたのになあ。スルーネックのベースなのでロッド回しての矯正も無理っぽい。修理出すかの。前の弦高が最強に弾きやすかったのに。それに一時期やたらベースの練習して伊藤勇二に「俺よりうまい」と言わせるまでいったのにそこらへんのテクがあんまし繰り返し練習せんかったからか全部抜けてる。困った。

reasonで適当に録音開始。これという方向性もないまま、好きなコードとかスケール感と最近つくったドラムエフェクトを中心に適当にやってみる。ギターのアンプシミュレータはとりあえずreason内のを使う。これ、かけ録りではないのでギタートラックを増やす度にアンプシミュレータも増えていって無駄にマシンパワーを圧迫してよろしくない。しかもトラック増やす度にアンプシミュレータ設置してセッティングしてセンドエフェクト設定してと手間がかかる。liveの時は録音用トラックは一つにしておいて、録音したら速攻で別のトラックにオーディオファイルを移動させる方法で常時録音用トラックは固定できて楽だった。そんかわしかけ録りなので後からギターの音を大きく変更はできないけど、元々EQと空間系以外はいじらんのでかけ録りでいいんだよな。

適当に3トラックくらい録音したところでreasonをいじり中に抱いていたギターが落ちそうになって押さえたら突き指した感じになったので今日はおしまい。

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー
公開設定