記事一覧

エフェクター沼

ファイル 1779-1.jpg

ミニエフェクターは仲間を呼ぶ習性でもあるのかな。新たにhotoneのbluesちゃんを追加です。オメガさんがbluesて。いや少し安かったのを見つけたのとM5を空間系として使いたいときのちょいドライブ用にね。

こちらも事前にyoutubeで散々動画を見て音の傾向を調べてたんですが、実際に使ってみると思ってたより歪まない。アンプがクリーン設定だとgainの5くらいまではつや出しくらいな感じ。gain最大でもクランチには少し足りないくらいかも。M5のTSモデリングと比較しても歪みは控えめ。音の傾向がツヤツヤな感じなのでごまかしが効かない。すなわち下手さが露呈気味で辛い。

hotoneは他のチャイナメーカーと違って完全クローン指向ではなくオリジナル性を出そうとしてるのがよろしい。

joyoのamerican soundなんですが、完全に空気ですわ。もうこれ通す音が当たり前、何の違和感もないし、そんなに細かく調整することもなく。地味にすごい性能だと思う。メジャーなアンプシミュレータ系ではフェンダー系が一番好き。だけど最も好きなアンプはyamahaのFシリーズだったりする。高校生の頃、スタジオへ行くと必ずこれを使ってたが、ある時期から次のGシリーズに徐々にリプレースされて消えていってしまった。誰かこれのシミュレータ出してくんねえかな。死ぬまで出んわな。

そしてまだまだエフェクターを増やしたい欲求と戦ってるここ数日。安いペダルは山ほどあって心理的抵抗は低いしM5はモデリング一辺倒なんで意外と穴があるというか足りない部分が見当たるしで手に入れるか迷ってるのがいくつかある。当初はM5の上位版のM9を買うことも検討していただけにその差額と考えればガンガン買ってもいいだろうし、数年前のレンズ沼に比べればクソ高いものに手を出すことはないので安心なんだけどね。

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー
公開設定