記事一覧

rec

今参加中のバンドでギターを担当しているわけだが、半分くらいクラシックギターを弾くことになりそう。今日は会社でレーザー当番終了後にレコーディングに突入。

ギターとzenbookは会社に置きっぱなしなので、あとはオーディオインターフェースとマイクを持っていくだけ。マイクは新たにベリのC2(ペア)を購入したので部屋と会社で1本ずつ置いておくことにしよう。

かなり前に購入したrodeのコンデンサマイクは遠くの音もよく拾うが、録音環境が悪いとかえってマズイ事態になる。会社の真横が公園なので昼間はガキの騒ぎ声が絶えないのだ。その点C2は拾う範囲がとても狭いので劣悪環境での録音には使いやすい。

今日録音したのはエセフラメンコなのだが、普段やらないジャンルの演奏はエセでも難しい。思いつく限り録ってdropboxで同期させて細かい編集作業は帰宅してから。

全体を通して弾くと絶対に間違えるので細かく刻んで録音してある。その1刻みごとに1トラック使ってる。6トラックくらいに分かれているが、それらを全部1つのバスにまとめてrec souceとし、1トラックに録音し直して合成。リズムで酷い部分があるのでクォンタイズをかける。100%にしちゃうと卑怯かつジャストすぎて気持ち悪いので90%で。reasonのエフェクトパッチからダイナミクス系をいろいろ試しがけしてお化粧。空間系とEQはトータルミックスの担当の人におまかせなので触らず。

今までreasonはほとんど打ち込み系ばかりやってたけど、楽器の録音でもかなり便利。特に7からは、
・送ってもらったオケのmp3をダイレクトに読み込めるようになった
・ミキサーにオーディオバス機能が付いて複数トラックをまとめて音づくりできる
・オーディオもmidiのようにクォンタイズできる
ようになっててズルし放題。こりゃギターが上手くならんわけだ。

ギターはシカゴで買った300ドルのを使用。10分おきにチューニングの狂いを確認せんならんのがめんどい。

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー
公開設定