記事一覧

バーチャルボーカル(初音ミクではない)

reasonで適当に曲をつくる。基本インストになるが、軽く人の声を混ぜたい。その場合、今までは使えそうなサンプリングを読み込んで無理矢理ピッチをいじったりしてきたが、新しい方法を開発した。

適当な英語のテキストをMacで用意する。
OSの機能を使って読み上げる。
それをreasonで録音する。
声のトラックをクォンタイズする。
ピッチ補正エフェクトを設置する。
曲の中の適当な音程打ち込み部分をコピーして補正エフェクトに突っ込む。

するとあら不思議、ラップでもない歌でもない、でも音程とリズムの合った音声トラックの完成なり。ミクさんほどしっかりしたボーカルではないけど、電気音楽の賑やかしには便利なテクかもしらん。

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー
公開設定