記事一覧

reasonいじりが止まらない件

一つのシンセで、左手でベースラインを、右手でメロディを弾くとして、ベースラインの発音時にパーカッションを複数の中から一つランダムで鳴らしたい。もちろん右手左手の認識は無理だから音域を指定して、こっから下をベースの音域とみなすと。ただしパーカッションは鍵盤の音程に影響されてはならず、サンプリングの元の音のまんまの音程で鳴ってねと。

こんな演奏をしたいと思っても少し頭を捻ればできちゃう。reasonすごい。

drumnbassのドラムループを使うけど、短いループの繰り返しは飽きちゃう。でもスライスを組み替えたりするほど気合い入れずにバリエーション出したい。ビートリピート系のエフェクトがあるので使ってみるけどこれも人力で演奏したくない(このエフェクトはかけっぱなしではなく、タイミングを計って時々混ぜ込む使い方が多い)。エフェクトのon/offをランダムで切り替え(ただしビートにはシンクしてね)、ついでにリピートの量(1/2から1/32まである)もランダムで切り替えたい。だけどリピートの量のうち1/2と1/16は使いたくない。さらにリピート中のみ何となく音を際立たせたい。

できちゃうんですね。reason楽しい。でももう音楽やってんだかパズルやってんだか分かんなくなってくるな。

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー
公開設定