記事一覧

reasonの仕込み

前にも書いた、ミキサーに割り当ててた文字キーボードのショートカットが使えなくなったのが辛い。だがreason6以後のミキサーは固定ではなく、シンセだのオーディオトラックだのが追加されるごとにトラックが増えていくタイプなので事前の仕込みは不可能だ。さてどうするか。

文字キーボードは諦めてremote SL 25なりnano kontrolを使おう。こいつらを設定してやると、ミキサー上で指定した起点より右側のトラックのレベルなどをいじくれるようになった。さらにキーを割り振ると起点の移動もできる。

以前reasonで使って喜んでたtouch oscも使いたい。今までのデフォルトのファイルを開き、そこにあるマスターエフェクトをミキサーのマスターエフェクト側に配線し直す。touch osc側にはF5-F7のボタンを配置。ミキサー系の操作はマスターフェーダー以外は使えなくなっちゃったけど、これは仕方ないな。MIDI Implementation Chart.pdfまで見ていろいろやったけど、事前の仕込みは無理なことが判明した。

コメント一覧

リンク集: スーパーコピーN級品 ,ルイヴィトンマフラー 偽物 ,オメガ 偽物 ,スーパーコピー時計 代金引換 ,エルメス バーキン スーパーコピー ,ロレックス時計スーパーコピー ,シャネル時計スーパーコピー ,ウブロ時計スーパーコピー ,カルティエ時計スーパーコピー