記事一覧

江ブ研釣考05回■fatpepper sharrow

ファイル 1221-1.jpg

熱が冷めないうちにこのルアーについても語っておかねばなるまい。

ボックス在中率20%(去年まで)とあまり使わないルアー。自分が使う時期は決まっていて、春のGW前までの、バスがベイトを追っているとき。これで釣れるときはすぐ釣れるし、釣れないのに何度も投げてもいい結果は出ない。その意味ではとても答えの早いルアー。特に水面に波を立てるように泳ぎながらベイトを追うも水面では食わない、トップに出ないときにこのルアーを通すと一発で釣れたりする。

自分はただ巻きしかしない。巻くスピードも雑で、速過ぎない程度に巻くだけ。止めて浮かせたり、ロッドを立ててゆっくり巻いて引き波を立てたりもできるルアーだが、ただ巻きで釣れちゃうのでめんどくさいことはしない。

今年これで51cmをオカッパリで釣った。そしてその後、他の釣り人が「60くらいあるかも」といっていた魚影のコースを通してその巨大バスに食わすもラインブレイクを喰らった。そんな事件が起きてしまったため、今年は未だにボックスから外すことができない(通常フローターの時期になったらもう使わないのに)。しかもそのラインブレイク以後、40以上が釣れてない。早くこの流れを断ち切りたいところ。

フェイバリットカラーは手前の濃いブラウンのもの(写真だと真っ黒だね)。微妙にゴーストカラーでもある。巨大バスでラインブレイクでロストした直後にヤフオクで速攻でこのカラーを2個買い足したのは言うまでもない。

同じようなサイズ・泳層のクランクは他にもたくさんある。だけどこのルアーは他とは別格で春に強い。下品なまでのブリブリした動きが春のバスを狂わせているっぽい。春を過ぎるとほとんど釣れないのでボックスから外されてしまうが、今年は秋まで使い続けてみよう。

コメント一覧

リンク集: スーパーコピーN級品 ,ルイヴィトンマフラー 偽物 ,オメガ 偽物 ,スーパーコピー時計 代金引換 ,エルメス バーキン スーパーコピー ,ロレックス時計スーパーコピー ,シャネル時計スーパーコピー ,ウブロ時計スーパーコピー ,カルティエ時計スーパーコピー