記事一覧

江ブ研釣考01回■何が楽しいのか

突然ですが「江ブ研釣考」と題しての釣りコラムをおっぱじめます。普段の江ブ研更新では書ききれない細かいことアレコレについて書いていこうと考えてます。01回と書きましたが99回までいくか分かりません。ネタが尽きたら個別ルアーのコーナーになるかもです。というわけで01回どうぞ。

■何が楽しいのか

釣りをしない人に釣りの楽しさを説明するのは難しい。理由は二つ考えられる。楽しさの領域が多岐にわたっているのと、実際に釣りをしないと釣りの報酬系が形成されないからだ。特に釣った魚を食べない場合など何のために釣りをしているのかと思われてしまう。

今回は「多岐にわたる」の一言で済ませた楽しさをなるべく書き出してみよう。まずは釣り場に行くという行為(アウトドア)、様々な道具を集めたり(コレクション)改良したり(エンジニアリング)、どの場所をどんなルアーで攻めるか考え(戦略)、食わない魚にあの手この手で攻めたり他の釣り師とのポイント争いがあったり(駆け引き)、ルアーを投げ食わせたらファイトし(スポーツ)、その結果を同行者と競い(競技)、行き帰りの道中でバカ話や釣りの話をしたり(トーク)、雑誌やテレビなどのメディアに踊らされてみたり(ミーハー)、未知のエリアに遠征したり(冒険)、他の釣り人ともお話したり(コミュニケーション)、そうした内容を書き留めて自身の記録や記憶をスタックしたり、時にはそれを見返して己の成長を感じたり。そうした様々な楽しさを投じた結果として魚が釣れると、その嬉しさもまた重層的になる。

ざっと書き出しただけでもこれだけあるので、一言で釣りの楽しさを説明するなど無理なんですわ。逆に言えばこれだけ切り口がある訳で、そうした様々な観点から釣りについてここで書いていこうというのが江ブ研釣考な訳です。でも基本は釣りする人向けの内容なのであしからず。

コメント一覧

リンク集: スーパーコピーN級品 ,ルイヴィトンマフラー 偽物 ,オメガ 偽物 ,スーパーコピー時計 代金引換 ,エルメス バーキン スーパーコピー ,ロレックス時計スーパーコピー ,シャネル時計スーパーコピー ,ウブロ時計スーパーコピー ,カルティエ時計スーパーコピー